Unityでメタバースに機能追加(2) TimerCube Step2

目標 青いCubeを設置し、アバターがぶつかると黄色に、1分経過したら赤くなるようにします。


STEP2 Cubeにアバターがぶつかってから1分経過したら赤色になるようにします。

Setp1で作成したVisutal Script「VS_TimerCubeControll」を編集します。

VisualScript「VS_TimerCubeControll」

VS内で使用する変数(Object Variables)を追加します。
InitialTimeは本来は「60」秒ですが、テスト用に短く、「10」秒にしています

Object Variables

アバターがCubeにぶつかったときの処理です。
「Trigger」Objectに設定した[Trigger]にアバターが入ると、ここで反応します。

アバターがCubeにぶつかったときの処理

毎フレームごとの処理です。
「Delta Time」はフレーム間の経過時間です。これをフレームごとに引くことによりタイマー開始時からの経過時間を計算することができます。計算結果を変数「Timer」に代入し、それが0以下になるまで繰り返します。
0以下になったら時間が経過したと判断し、Cubeの色を赤にします。

毎フレームごとの処理

Sandbox上でテストした動画です。

コメントする